相変わらずのんびり、気まぐれですが。レシピ続けます。
by Osara-blog
検索
カテゴリ
全体
野菜レシピ
肉レシピ
魚介レシピ
豆類レシピ
卵レシピ
麺ものレシピ
汁ものレシピ
ごはんものレシピ
おやつレシピ
ピンチョスレシピ
簡単おべんとう おとな編
簡単おべんとう こども編
簡単おべんとう 親子編
おべんとう用常備菜
離乳食関連
かまくら散歩
そのほかのこと
ごあいさつ
以前の記事
2018年 01月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 05月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
家族で食べるクリスマスケーキ
f0081529_1291074.jpg・・・は、手作りでお手軽、お手頃にしたいけれど、
私は生クリームのデコレーションが苦手で。。
でもケーキ屋さんのケーキを目指すのではなく
ラフに塗り上げた白い土台を作って、そこに
絵を描くように、また部屋の飾りつけをするように
フルーツやクリスマスのオーナメントなどを置いていく、
こんな簡単な方法で仕上げたのが写真のケーキです☆
ただ飾りつけを映えさせるために土台は必ず真っ白に。
土台からスポンジ台が透けてしまうことのないように
シロップを塗って生クリームの吸着をよくした台に、
ゆるめに立てた生クリームを下塗り、仕上げと、2回に
分けて多めに塗っていきます。



■材料(直径15センチ丸型1台)■

スポンジ台:全卵 2個 砂糖 55g 薄力粉 60g バター 10g

シロップ:水 100cc 砂糖 大さじ1 ラム酒 少々

クリーム:生クリーム 200cc 砂糖 大さじ1~2 ラム酒少々

好みのフルーツ ミント オーナメント 粉糖など

■作り方■
準備:丸型の内側に紙を敷きます。バターは溶かして、卵は常温に出しておきます。
   オーブンは180℃に温めます。
1.スポンジ台を作ります。ボールに全卵と砂糖を入れてハンドミキサーで泡立てて
  いきます。最初は低速で、湯せんで人肌まで温めながら1分程度泡立てます。
  その後高速に変えて、「の」の字が書けるくらいまでしっかりと泡立てます。
  再び低速に戻して1分泡立て、さらに泡だて器に持ち替えて20秒ほどぐるぐる混ぜ
  泡のキメを細かくします。ゴムベラに持ち替え、薄力粉をふるって加え、切るように
  さっくりと混ぜ、半分くらい混ざったら溶かしバターを加えて手早く合わせます。
  型にうつし、オーブンで20分焼き、ケーキクーラーの上でしっかりと冷まします。
2.シロップを作ります。材料を全て鍋に入れ、砂糖が溶けてアルコール分が飛んだら
  器に移して冷ましておきます。
3.クリームの材料を全てボールに入れ、8分立てにします。
4.スポンジ台の上部と側面の焼き色がついた部分をそぎ落とし、縦半分にスライスします。
  回転台の上にぬれぶきんをのせ、その上に皿を置き、スポンジ台の下の一枚をのせます。
  断面にシロップを塗り、クリームの1/4をのせ広げます。
  上の1枚のスライス面を手にとり、上の面にシロップを塗って、その面が真ん中の
  クリームと合わさるように下の1枚と重ねます。
  重なったスポンジ台の上面と側面にシロップをたっぷりと塗り、残りのクリームの半分を
  上にのせ、上面と側面にきっちりとクリームを塗り、この下塗りの状態でラップをせず
  15分ほど冷蔵庫に入れます(この間、残りのクリームも冷蔵庫に入れておきます)。
5.残りのクリームを泡だて器で軽く泡立て直し、2/3を4の上にのせて手早く広げます。
  残りの1/3を少しづつパレットナイフにとり、回転台を回しながら下から上に塗って
  側面も仕上げます。
  好みのフルーツやミント、粉糖、オーナメントなどで飾ります。
☆オーナメントは食べ物と合わせることが適さないものもあるので、ケーキに刺さる部分は
 アルミホイルを巻きつけます。アルミホイルをつけにくい場合は先にフルーツなどを
 飾りつけて、オーナメントは食べる直前に飾り、短時間で取り除くようにします。
☆粉砂糖は「なかない粉糖」がフルーツの上でも溶けにくいためオススメです。
 通常の粉糖をオリゴ糖コーティングしているもので、製菓材料店などで手に入ります。
☆飾りつけのイメージが固まらないときは、ケーキ型の底板で「下書き」をすると出来上がりの
 雰囲気がつかみやすくなります。
☆フルーツを飾ってからすぐ食べない場合は、裏ごしをした杏ジャム(杏ジャム大さじ1に対し
 小さじ1の熱湯を加えてのばし、裏ごしたもの)を刷毛でフルーツに塗ると、乾かずツヤを
 保つことができます。f0081529_1285186.jpg 
☆デコレーション次第で切り分けにくいときは、切る前に
 デコレーションを全てどけてしまい、それぞれのお皿に
 盛り付けた後に再び飾り直します。
 でも家族だからと割り切り、1個のケーキをみんなで
 つつき合うのも幸せな感じでいいですよね☆
by Osara-blog | 2008-12-25 01:33 | おやつレシピ
<< かぼちゃとじゃがいも、こんにゃ... きなこのパンケーキ >>